【仕事の効率化方法5】書類作成でミスを無くす方法

1.課題(作成した書類に誤植がある)

書類作成において、誤記や誤植、いわゆるミスはつきものです。
人間だから、ミスがあって当たり前なのですが、ビジネスの世界では許されないことも多々あります。
そこで作成した書類から可能な限り誤記や誤植を無くしたい場合にはどうすればよいでしょうか?

2.解決手段とその効果

精度の高い書類を作成したい場合には、「1晩寝かせてから全体チェック」を行いましょう。
作ったばかりの書類を何度も見直したとしても、その時点では誤記・誤植を発見できる可能性や精度は高くありません。集中力が切れてますし、思考回路が作成した文章のとおりに固まってしまっているからです。
しかしながら、時間をおいてからチェック、例えば「1晩寝かせて」次の日にチェックすると、誤字脱字や表現の不明瞭さに気づき、文章をブラッシュアップすることができます。
文章作成でミスを削減したいという方は、是非とも試してみてください。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL